梅雨の時期にはダニやノミ対策などが必要になります。

MENU

お手入れについて

犬のお手入れはどの程度の期間で行うと良いのでしょうか。
お手入れを行う期間や周期などについてまとめています。

 

犬のお手入れの種類には、耳掃除や爪切り、歯磨き、ブラッシング、シャンプーなどがあります。

 

耳掃除は、1ヶ月に1~2回で十分だと思います。
ローションを染み込ませた脱脂綿などで表面をサッと拭く程度で十分です。

 

爪切りも同じく1ヶ月に1~2回で十分ですが、もっと間をあけても良いかもしれません。

 

シャンプー
シャンプーは、季節の変わり目などに年数回行うと良いですが、洗い過ぎには注意しましょう。
シャンプーをし過ぎると犬の皮膚にとって大事な脂質が取れ過ぎてしまいます。
また、高齢犬は体力を奪われてしまうので若い頃よりも疲れてしまいます。
愛犬の状態に合ったシャンプーをしてあげるようにしましょう。

 

ブラッシング
ブラッシングは季節の変わり目だけでなく、気づいた時にマメに行ってあげると良いかもしれません。
春先に毛が抜けてきた時と夏の手前(6月頃)にはお手入れをしてあげて下さい。
梅雨の時期などはダニやノミ対策なども必要になります。
生え変わっている毛をブラッシングで取り除くことで、ノミやダニ、雑菌などを少し減らすことが出来ます。
ブラッシングは、皮膚を刺激してマッサージをする効果や死毛を取り除き皮膚への通気性を良くする効果があります。

 

肛門絞り
肛門絞りも欠かせないお手入れとなります。
正確には肛門腺絞りで、犬の肛門腺絞りは大事なお手入れです。
飼い主さんがやってあげることも出来ますが、シャンプーなどをお願いした時に一緒にやってもらうことも可能です。
肛門線絞りをしないで放置していると、細菌の繁殖で炎症を起こし、肛門嚢炎(こうもんのうえん)になってしまいます。
肛門嚢炎になると、肛門周辺が赤く腫れ出血したり、うんちをする時に痛みで鳴いたり、肛門をしきりに舐めたりするようになります。年4回くらいは行ってあげると良いかもしれません。

 

 

 

是非、これらのお手入れを定期的に行うようにしてあげて下さい。