国産のドッグフードを選ぶには原材料をよく確認し無添加のものを選ぶといいでしょう。

MENU

安心出来る国産ドッグフードとは

愛犬の体のことを考えて、ドッグフードは生産地から選びたいという方は多いようで、少なくとも国産をという選び方は珍しくありません。
犬を飼う習慣は世界的に当たり前のこととなっているので、外国産のドッグフードもありますが、こちらでは国内産について詳しく考えてみましょう。

 

国産の定義について

日本のドッグフードは、生産地として明記できるのは原産国名であり、最終加工の工程が施された国を表示することが可能です。つまり日本国内の工場で食材が加工されているならば国産のドッグフードとなります。
海外で食材を加工した後で日本国内で梱包や包装をしても、国産だと呼ぶことはできないのです。
国産と明記されているドッグフードならば、日本国内の生産ラインにて作られているということになります。

 

日本国内でのドッグフードについては「一般社団法人ペットフード協会」によって定義されており、安全性を確保するために務めています。

 

実は2007年初頭、中国産の原料を使用したペットフードにより、多くの犬や猫の死亡事件が発生しました。
中国産の原料の中には有毒な成分が含まれていたために発生した悲惨な事故でしたが、この事件がきっかけで日本国内でのペットフードに対する安全意識が高まりました。
元々、ペットフードの「原材料名」として明記される情報について、添加物の表示は義務付けられていませんでしたが、この年からは「ペットフードの表示に関する構成競争規約」が改訂されたことで、添加物についてもすべて表示されるようになったのです。

 

日本国内で販売されているペットフードについては、日本国内での基準が適用されており、その基準に合わないペットフードや、有害な物質を含んだペットフードは流通させない仕組みが出来上がっています。
また、エトキシキンや亜硝酸ナトリウム、BHAやBHTといった安全性に疑いのある添加物には使用制限が設けられているのです。

 

しかし中には生産コストの低下や保存性を高めるために、人口の添加物などが使われているケースもあります。
原材料名をよく読んで、無駄な香料や保存料、着色料などが含まれていない物を選ぶのがポイントです。

 

やはり無添加ドッグフードへの評価は高く、そのような商品の評判が高くなるのは必然的になっています。

 

 

国産ドッグフードランキング

 

 
馬肉自然づくり

馬肉自然づくりの特徴

食材は全て国内のものを使用しており、公式サイトに全ての産地を公開しています。添加物なども不使用で、100%人間が食べれる食材を使用しています。衛生管理も徹底しているようです。成犬はもちろん、特にタンパク質が必要なシニア犬におすすめです。


価格 1,000円(税込)
内容量 0.3kg
おすすめ度 評価4

 
犬心(いぬこころ)

犬心(いぬこころ)の特徴

国内生産で、人が食べれるナチュラルフードです。無添加で原材料の素材にもこだわり、犬の7疾患をサポートする特別療法食です。リピート率95%以上という実績を誇っています。


価格 条件付き0円(税込)
内容量 0.2kg
おすすめ度 評価4

 
鹿肉ドッグフード

鹿肉ドッグフードの特徴

国産の生の鹿肉メインでその他にも牛肉なども含まれているドッグフードです。人間でも食べられる素材で作られていますが、全て国産ではないようです。柔らかめのフードで老犬にもおすすめです。


価格 980円(税込)
内容量 0.3kg
おすすめ度 評価3

 

3位以下の国産ドッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
吉岡油糧 1,620円 1kg 評価2
愛犬元気 350円 1kg 評価0
ビタワン 365円 1.2kg 評価0
いぬのしあわせ 549円 1.3kg 評価0

 

 

もちろん国産で質のいい商品もあると思いますが、当サイトでご紹介している国産ドッグフードは残念ながらあまりおすすめ度が高いものはありません。
質にこだわりたいという方はプレミアムドッグフードから選ぶことをおすすめします。