いぬのしあわせは愛犬の平均寿命を20歳にすることを目指す”LIFE20”という健康プログラムを実施しています。

MENU

いぬのしあわせの商品詳細

 

いぬのしあわせは愛犬が毎日元気に暮らし、長い年月にわたって健康を保っていけるようにと開発された国産ドッグフードです。
日本各地の愛犬に作りたての美味しさを届けたいという思いから、国内製造にこだわっています。
国内で作られる国産ドッグフードだからこそ、品質も安定しているのがポイントです。
安全性を最大限に高めるために無着色を意識したり、発がん性物質を極力排除したりするなどの努力をしています。

 

ドライタイプやセミモイストタイプ、中粒タイプや小粒タイプなど、年齢や大きさなどで選べるよう豊富な種類が用意されています。
成犬用やシニア犬用フード、ウェットフードをお探しの方はこちらからお探し下さい。

 

 

いぬのしあわせ商品一覧

 

 

 

 

ご紹介する「いぬのしあわせ 小型成犬用 脂肪・カロリー控えめタイプ」は、康な皮膚や美しい毛艶を保ったり、丈夫な骨や関節を維持したりしていくのに必要な栄養バランスよく配合されています。

 

いぬのしあわせ商品画像

 

いぬのしあわせ 小型成犬用 脂肪・カロリー控えめタイプ

 

おすすめ度  星0

内容量
1袋(1.3kg)
価格
549円(税込)
ブランド会社
日清
原産国
日本
餌のサイズ
小粒タイプ
犬のタイプ
成犬用

主な原材料

穀類(とうもろこし、小麦粉、ホミニーフィード、コーングルテンミール、玄米パウダー、脱脂米糠),肉類(豚肉粉末、チキンパウダー、ささみパウダー)、豆類(大豆ミール)、油脂類(動物性油脂、アマニ油、魚油)、乳類(ミルクパウダー)、アルファルファ、ビートパルプ、野菜類(パプリカ、キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、カボチャパウダー)、糖類(オリゴ糖)、魚介類(煮干粉、魚肉抽出物)、β‐グルカン、ミルクカルシウム、クロレラ、グルコサミン、クローブ、バジル、ローズマリー、ビタミン類(A、D、E、B2、B12、パントテン酸、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、ヨウ素、亜鉛、銅)

 

いぬのしあわせ公式サイトはこちら

いぬのしあわせを最安値で購入する


 

いぬのしあわせの粒

 

粗脂肪分は20%減り、100gあたりのエネルギーも10kcalカットされている低カロリードッグフードなので、体重が気になり始めた愛犬に最適です。

 

 

ヘルシーな魚を使用

いぬのしあわせは成犬に必要なアンセリンをきちんと含んでいる魚肉抽出物を使っていたり、食いつきを良くする小魚パウダーを配合していたりします。
また、歯や骨を形成したり精神的に安定させたりするためには必要不可欠なカルシウムを豊富に含む小魚も使用されています。
さらに魚には胆石や心臓疾患を防ぐタウリンが入っていたり、脳の発達を促進し痴呆の予防となるドコサヘキサエン酸が含まれたりしています。
そして、血管の血栓を予防してくれるエイコタペンタエン酸も入っています。
これは耳慣れない成分ですが、抗炎症作用が高く高血圧の予防にも有効であり、現代の愛犬には必須の栄養素と言えます。
犬は年を取っていくと消化能力が落ちてくるので、肉メインよりも魚を使用した食事のほうが体に優しいと言われています。
しかも、痴呆や目の異常などを防ぐ成分が魚には含まれているので一石二鳥でしょう。

 

 

いぬのしあわせの目標

いぬのしあわせはLIFE20と言われる独自の健康プログラムを実施しており、愛犬の平均寿命を20歳にすることを目標にしています。そのためには愛犬の生涯のトータルで必要な栄養を与え続けていくことが求められます。
成長期、維持期、老年期それぞれに必要な栄養をバランスよく与えていかなくてはいけないのです。
いぬのしあわせはその犬の今の必要を満たしながらも、次のステージに必要な栄養素も取り始めることができるように考えられています。

 

 

チェック
主原料がとうもろこしなどの穀類や豆類となっています。
動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質が多い事がひっかかります。

 

 

ヘルシーで低カロリーな国産ドッグフードですが、穀類が多いですし安心して与えられる原材料ではないかなと思います。
価格が安く購入しやすい商品だとは思いますが、管理人個人としてはあまりおすすめできない商品です。